転職の理由を尋ねられたら、こう答えよ!

転職の理由を尋ねられたら

完全な仕事は存在しません。
自分に向いていると思って入社した会社が、実際には自分にはあっていなかったということは誰にでも起こりえます。
それが起こる理由は何でしょうか。
一つには、自分自身を正確には知らないことです。
自分にあっていると思ったものの、実際には自分の内面に関する理解が不十分で、その結果自分に向いていない職場を選んでしまうということがあります。
もう一つよく起きうるのは、職場の人間関係がもつれることです。
人間の感情は複雑に働きます。
自分より仕事が出来る人のことをねたんで、陰で意地の悪いことを言う人は、どこの職場にもいます。
どこの職場にもそういう人がいるというからといって、そのような人への対処が楽という意味ではありません。
もろにそのような人と、ぶつかってしまえば大きなストレスとなるでしょう。
このように人は様々な理由で今の会社を辞めて。
次の職場を探すことがあります。
医療の現場で働いている人であっても、それは同様です。
高い志を持って、医療の現場で働き始めたもののどうにも職場になじめないということは誰にでも起こります。
しかし、せっかく身につけた医療の知識やスキルをそのまま無駄にしたいとも思わないでしょう。
そうすると医療求人に目をむけることになります。
同じ業界の中での転職を目指すことになるわけです。
すでにこの職種で経験を積んだ人であれば、すぐに次の働き先を見つけることが出来るでしょうか。
病院はたくさんあるので、次の就職先はなんとか見つかるケースが多いでしょう。
しかし、それには面接をクリアする必要があります。
面接では、どうして前の病院を辞めてうちに来ようと思うのかを尋ねられるでしょう。
その際に、あけすけに前の職場への不満を述べるのは賢明ではありません。
その不満がまっとうなものであったとしても、それを聞く側はそれを述べる人への評価も下げてしまうからです。
それで、転職理由は積極的な内容にした方がよいでしょう。